Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 県立近代美術館「MOMAS(モマス)コレクション第1期」を開催

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月8日14時

県政ニュース

県立近代美術館「MOMAS(モマス)コレクション第1期」を開催

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:常設展・収蔵品担当/教育・広報担当
担当者名:渋谷/落合

直通電話番号:048-824-0110
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

 県立近代美術館では、4月16日(土曜日)から7月10日(日曜日)まで、「MOMASコレクション第1期」を開催します。

 「MOMASコレクション」は、県立近代美術館の収蔵作品を中心とした展示プログラムです。従来の常設展の枠を越えた新しい試みに取り組み、特別プログラムを交えた展示を年4回に分けて行っています。

 今回開催する第1期では、モネやピカソなど西洋近代の巨匠の作品に始まり、「模倣や引用、複製と芸術の関係」に着目した展示、埼玉ゆかりで人気の高い小村雪岱の版画作品という3つのテーマで展示します。

※「MOMAS(モマス)」は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art,Saitama)の略称です。

 

1 会期

 平成28年4月16日(土曜日)~7月10日(日曜日)

 開館時間:10:00~17時30分(展示室への入場は17時00分まで)

 休館日:月曜日(5月2日は開館)、5月24日(火曜日)~27日(金曜日)、6月28日(火曜日)

 ※会期中に一部展示替えがあります。

 前期:4月16日(土曜日)~5月29日(日曜日) 後期:5月31日(火曜日)~7月10日(日曜日)

 

2 会場

 県立近代美術館 1階展示室

 (〒330-0061 さいたま市浦和区常盤9-30-1 電話048-824-0111)

 

3 観覧料

 一般200円(120円)、大高生100円(60円)

 ※( )は20名以上の団体料金です。※当日のみ再入場ができます。

 ※中学生以下及び障害者手帳を御提示の方(付き添い1名を含む)は無料です。

 ※企画展観覧券をお持ちの方は、併せてMOMASコレクションも御覧いただけます。

 ※第66回県展の開催期間中(5月31日~6月22日)は、MOMASコレクション観覧料が半額になります。

 

4 出品予定作品数

 合計78点[油彩画ほか23点、日本画4点、版画31点、その他20点]

 

5 展示テーマ

(1)セレクション:モネとかピカソとか

 当館コレクションを代表する西洋近代絵画の名品の数々をご覧ください。

 出品作家:クロード・モネ、オーギュスト・ルノワール、パブロ・ピカソなど

(2)re-presentation イメージの継承と創造

 見立て、引用、オマージュなど、美術史の中で受け継がれるイメージの展開を紹介します。

 出品作家:ロイ・リキテンスタイン、靉嘔(あいおう)、森村泰昌、福田美蘭など

(3)小村雪岱の版画

 多彩な分野で広く人気を博した小村雪岱(川越市出身)の世界を、所蔵の版画作品で紹介します。

 

6 関連イベント

(1)映画上映会「美術館を手玉にとった男」

 テーマ展示「re-presentation イメージの継承と創造」にちなみ、昨年公開され話題を博したドキュメンタリー映画『美術館を手玉にとった男』を上映します。

 内容:贋作制作に執念を燃やす主人公・ランディスと、彼を追うことに執念を燃やす人々。そして彼に騙された人々。彼ら自身や社会が持つ歪み、苦悩、そして良心がユーモラスかつ鋭く描かれる。(監督=サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン、共同監督=マーク・ベッカー、2014年、アメリカ、89分、ブルーレイによる上映/配給:トレノバ)

 日時:5月14日(土曜日)11時00分~、14時00分~の2回上映(開場は30分前)

 場所:2階講堂/定員:各回先着100名/費用:無料

(2)サンデー・トーク

 会期中に月1回、学芸員が展示作品から1点を選んで解説します。

 場所:1階展示室内

 費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。

 ア 4月24日(日曜日)15時00分~15時30分

 作品:アンドレアス・M・カウフマン《小さな美術史マシーン》1991-92年

 担当学芸員:五味良子

 イ 5月8日(日曜日)15時00分~15時30分

 作品:オーギュスト・ルノワール《三人の浴女》1917-19年

 担当学芸員:渋谷拓

 ウ 6月12日(日曜日)15時00分~15時30分

 作品:小村雪岱《筑波》1942年頃(没後の刷り)

 担当学芸員:大越久子

(3)美術館サポーターによる作品ガイド

  4月16日(土曜日)、17日(日曜日)を除く会期中の毎日14時00分から30分程度、美術館サ

  ポーター(ガイド・ボランティア)が展示作品について解説します。

 場所:1階展示室

 費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。

 

7 主催等

  主催:県立近代美術館、協力:JR東日本大宮支社

 

8 展覧会WEBサイト

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=332(県立近代美術館ホームページ)

 

9 交通案内

 JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)。

 JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分。

 当館に専用駐車場はありませんが、提携駐車場「三井のリパーク埼玉県立近代美術館東」では駐車料金の割引があります(企画展観覧で300円引き、MOMASコレクション観覧で100円引き)。団体バスは事前に御相談ください。お体の不自由な方の御来館には業務用駐車場を提供いたします。ただし台数に限りがありますので予め御了承ください。

 

【お問合せ先】

 県立近代美術館常設展・収蔵品担当 渋谷(電話:048-824-0110)

 

【参考情報】

 県立近代美術館

 ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 公式Twitter:https://twitter.com/momas_kouhou

 公式Facebook:https://www.facebook.com/momaspr

 公式YouTube:https://www.youtube.com/user/momasjp

県政ニュースのトップに戻る