Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2016年度 > 2016年4月 > 平成27年度「もし埼玉県庁が株式会社だったら」改善運動の優秀取組が決定しました。

ここから本文です。

 

発表日:2016年4月8日17時

県政ニュース

平成27年度「もし埼玉県庁が株式会社だったら」改善運動の優秀取組が決定しました。

部局名:企画財政部
課所名:改革推進課
担当名:行政改革・官民連携等担当
担当者名:加藤、太田

内線電話番号:2441
直通電話番号:048-824-2111
Email:a2440-09@pref.saitama.lg.jp

 埼玉県では、株式会社が持つ優れた3S(「スピード(Speed)」「スマイル(Smile)」「スピリット(Spirit)」)を取り入れるため、全ての職場で「もし埼玉県庁が株式会社だったら」というテーマで業務改善に取り組んでいます。

 平成27年度は、これまでの事務改善的な「小さな改善」に加え、更に一歩進め、各課所で行う事業本体を改善する「本業の改善」に取り組みました。

 「本業の改善」及び「小さな改善」の2部門について、民間企業役員の方などが審査を行い、3つの優秀取組を決定し、その中から、知事が最優秀取組を決定しました。

 下記の最優秀取組及び優秀取組について、本日表彰式を開催し、知事から各賞を表彰しました。

                                                              記 

 

◆「本業の改善」部門

1 最優秀賞

○ 取組課所 薬務課

・ 取組名 ハラール化粧品市場への参入支援

・ 取組内容 イスラム諸国の化粧品市場をターゲットに産学官が連携して県内企業を支援するなど、企業的な発想をもって戦略的に産業振興に挑戦した。

 

2 優秀賞(2取組)

○ 取組課所 福祉政策課

・ 取組名 発達障害支援に関わる人材の育成

・ 取組内容 発達障害に早期に気づき適切な支援を行えば、社会に適応し自立した生活を営むことが十分可能であることを踏まえ、「早期発見・早期支援」を徹底するために必要な人材を育成し、幼稚園や小学校などに支援体制を構築した。

 

○ 取組課所 保健医療政策課

・ 取組名 糖尿病重症化予防対策

・ 取組内容 糖尿病の重症化を防止することに特化し、健診データ・レセプトデータから重症化のリスクが高い方をピンポイントで抽出し、効果的かつ効率的な保健指導を実施した。

 

◆「小さな改善」部門

1 最優秀賞

○ 取組課所 さいたま県税事務所

・ 取組名 最小で最強の県税事務所を目指すアグレッシブな取組

 ~県税平均1.5倍の事務処理量/人への対応~

・ 取組内容 「捜索用」など出張の目的別「お出かけセット」の整備により出張の準備時間を短縮したり、ベテラン職員による『先輩塾』の開講により業務のノウハウを次世代に継承できるようにした。また、繁忙期の応援や所内の連携を行うなど効率的な組織の運営を行った。

 

2 優秀賞(2取組)

○ 取組課所 営繕工事事務所

・ 取組名 すぐに改善!所内ベンチャー企業の設立

・ 取組内容 やる気のある職員を集め所内に業務改善を行うグループを3つ立ち上げた。グループ名に「仕事はかどる株式会社」などの会社名を用い、楽しみながら10本もの改善を実施した。

 

○ 取組課所 草加保健所

・ 取組名 来所者への目配り・気配り

・ 取組内容 職員と来所者両方の目線を重視して取組を検討し、用件を伺った方のカウンターに木製の「待合札」を置き、来所者の対応状況を明確にするなど、県民サービスの向上を図った。

160408-01-01 

 

【参考】

○ 民間企業役員の方などによる審査会の概要

・ 日時

 平成28年3月23日(水曜日)午後1時30分~午後4時30分

・ 場所

   埼玉教育会館303会議室

・ 審査員(敬称略。役職名は実施日現在のもの)

 古市 和夫(赤城乳業株式会社常務取締役生産本部長)

 石坂 典子(石坂産業株式会社代表取締役)

 林 忠信(株式会社コーセー執行役員生産部長)

 塩川 修(埼玉県副知事)

県政ニュースのトップに戻る