Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 北朝鮮の核実験に伴う水道水の放射性物質監視体制の強化

ここから本文です。

 

発表日:2016年1月6日17時

県政ニュース

北朝鮮の核実験に伴う水道水の放射性物質監視体制の強化

部局名:企業局
課所名:水道管理課
担当名:水質担当
担当者名:藤原、柴田

内線電話番号:7094
直通電話番号:048-830-7094
Email:a7070@pref.saitama.lg.jp

 北朝鮮は6日午後、「6日午前10時(日本時間10時30分)、朝鮮で初の水素爆弾実験を成功させた」と発表しました。
これを受けて、埼玉県営水道では安全を確認するため、放射性物質の監視体制を強化することとしました。 

1 これまでの測定体制

 160106-0301

 これまでは、原水の測定地点は最上流である行田浄水場で実施していました。 

 

2 強化時の測定体制

 1月7日~1月12日の間は以下の測定体制とし、水道管理課のホームページに結果を毎日公表します。

 160106-0302
原水の測定地点を増やし、監視体制を強化します。利根川系の最上流である行田浄水場に加えて、荒川系の最上流である吉見浄水場の原水も毎日測定します。  

 浄水:川の水をきれいにして飲めるようにした水
原水:飲み水の原料となる川の水

県政ニュースのトップに戻る