Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 独立行政法人国際交流基金と連携協定を締結します

ここから本文です。

 

発表日:2015年11月10日14時

県政ニュース

独立行政法人国際交流基金と連携協定を締結します

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:総務・企画担当
担当者名:関根

内線電話番号:2705
直通電話番号:048-830-2705
Email:a2705@pref.saitama.lg.jp

 県ではグローバル化がますます進展する中で、世界に開かれ、貢献する埼玉の実現を目指し、グローバル人材の育成に積極的に取り組んでいます。

 こうしたこれまでの留学を中心とした支援に加えて、多様な経験を積む若者やシニア層などを支援するため、海外に22の拠点を持つ独立行政法人国際交流基金と連携協定を締結します。

 

締結式の概要

1 日時 

 平成27年11月16日(月曜日) 13時10分~13時30分

2 場所 

 知事室 

3 調印者 

 埼玉県知事 上田 清司

 独立行政法人国際交流基金 理事長 安藤 裕康(あんどうひろやす)

4 連携事項 

(1)日本語パートナーズ派遣事業※を始めとしたグローバル人材の育成

(2)県内で実施する日本語教育事業

(3)小・中・高等学校における交流事業による国際理解教育

(4)2020年東京オリンピック・パラリンピック及びラグビーワールドカップ2019に向けて実施する交流・発信事業

(5)日本語国際センターを拠点とした交流事業

(6)国内外で実施する芸術文化やスポーツに係る交流・発信事業

(7)前各号で掲げるもののほか、双方が合意する事項

 

※日本語パートナーズ派遣事業の概要

 独立行政法人国際交流基金が実施する事業で、日本の学生・シニア等の人材をASEAN諸国の中等教育機関等に派遣する。

 各国の高校などで、現地のアシスタントとして授業運営に携わり、日本語教育を支援するとともに、派遣先校の生徒や地域の人たちに日本文化の紹介など交流活動を行う。

(1)派遣期間:6~10か月

(2)派遣先:インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン 等 

(3)派遣目標(全国):2014年から2020年までの7年間で3,000人

(4)派遣対象者:満20歳から満69歳で、日本国籍を有する日本語を母語とする者 

県政ニュースのトップに戻る