Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2015年度 > 2015年10月 > 史跡埼玉古墳群 稲荷山古墳の整備工事に伴い、12月中旬から墳丘への立ち入りができなくなります

ここから本文です。

 

発表日:2015年10月22日14時

県政ニュース

史跡埼玉古墳群 稲荷山古墳の整備工事に伴い、12月中旬から墳丘への立ち入りができなくなります

部局名:教育局
課所名:さきたま史跡の博物館
担当名:史跡整備担当
担当者名:佐藤

直通電話番号:048-559-1181
Email:k591111@pref.saitama.lg.jp

 県立さきたま史跡の博物館では、埼玉(さきたま)古墳群の稲荷山古墳の整備工事を行います。古墳の保全のため、老朽化したレプリカを撤去し、新たな模型を設置します。

 そのため、工事の期間中は稲荷山古墳の墳丘は立入禁止となります。

 

1 立入禁止期間

 平成27年12月中旬~平成29年3月31日(予定)

2 主な工事内容

 昭和58年度に設置した礫槨(れきかく)レプリカが老朽化し、その地下50cmにある本物の礫槨に悪影響を及ぼす恐れがあるため、撤去し、埋戻しを行います。

 その後、新たに製作した実物大の陶板模型を設置します。今までのレプリカにはなかった国宝金錯銘鉄剣などの出土遺物もわかりやすく表示します。

 工事は文化庁の補助事業として2か年計画で実施する予定です。

※陶板とは耐久性が高く、色あせない焼き物の板です。この板を48枚組み合わせ、縦7m×横2mの礫槨を表示します。

3 その他

 当館ではグーグルアートプロジェクトに参加しており、ストリートビューにより稲荷山古墳に登るバーチャル体験ができますので、是非御利用ください。詳しくは当館ホームページを御覧ください。

4 問い合わせ先

県立さきたま史跡の博物館 史跡整備担当 

 〒361-0025 行田市埼玉4834

 電話:048-559-1181 FAX:048-559-1112

 ホームページ→http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

県政ニュースのトップに戻る