Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 第10回埼玉アジアフォーラムを開催します~次代を担うネクストイレブン 最後の新・新興国バングラデシュ~

ここから本文です。

 

発表日:2015年6月26日14時

県政ニュース

第10回埼玉アジアフォーラムを開催します~次代を担うネクストイレブン 最後の新・新興国バングラデシュ~

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当者名:久保・小俣

内線電話番号:2713
直通電話番号:048-830-2713
Email:a2705-09@pref.saitama.lg.jp

 埼玉・アジアプロジェクトの一環として、7月13日(月曜日)に「第10回埼玉アジアフォーラム ~次代を担うネクストイレブン 最後の新・新興国バングラデシュ~」を開催します。

 マスード・ビン・モメン駐日バングラデシュ特命全権大使の基調講演やバングラデシュの経済専門家による講演、県内企業関係者等によるパネルディスカッションを通じ、市場としての潜在成長力や豊富な労働力で注目を集めるバングラデシュのビジネス機会について考えます。

 県民の皆様をはじめ、企業や大学、NGO、NPO、国際機関、行政機関の関係者、大学生の皆様など、幅広い分野の方々の御参加をお待ちしています。

 また、基調講演を行う駐日バングラデシュ特命全権大使は、フォーラムに先立ち知事と会談し、バングラデシュと本県との相互交流や関係の強化について意見交換を行います。

第10回埼玉アジアフォーラム概要

1 日時

 平成27年7月13日(月曜日)13時30分~17時00分

2 場所

 コルソホール(浦和コルソ7階)

3 共催

 日本貿易振興機構(ジェトロ)関東貿易情報センター

 一般社団法人埼玉県経営者協会

 株式会社埼玉りそな銀行

4 後援

 駐日バングラデシュ大使館

5 定員

 130名

6 内容

(1) あいさつ 上田 清司 埼玉県知事

(2) 基調講演 マスード・ビン・モメン 駐日バングラデシュ特命全権大使

(3) 講演 「バングラデシュの経済・ビジネス環境」

 鈴木隆史 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)企画部

 海外地域戦略主幹(南西アジア担当)

(4) パネルディスカッション「バングラデシュでの事業展開 ~可能性と課題~」

 モデレーター

 鈴木隆史 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)企画部

 海外地域戦略主幹(南西アジア担当)

 パネリスト

 佐竹右行 グラミン・ユーグレナ プロジェクト Co-CEO

 平石雅浩 丸久株式会社 代表取締役社長

 岡崎 透  バングラビジネスパートナーズ 代表

 バダル・チャクラダール 株式会社パドマ代表取締役

7 申込み

 下記ホームページから事前にお申し込みください。

         http://www.pref.saitama.lg.jp/a0306/saitama-asiaproject.html

 →「埼玉アジアフォーラム」で検索

8 問い合せ

 埼玉県県民生活部国際課 国際戦略担当

 電話:048-830-2713 メール:a2705-09@pref.saitama.lg.jp 

駐日バングラデシュ特命全権大使との会談概要

1 日時

 平成27年7月13日(月曜日)12時30分~13時10分

2 場所

 知事公館 第2応接室

3 出席者

 (1)バングラデシュ大使館

 マスード・ビン・モメン 駐日バングラデシュ特命全権大使

 モハマド・ハッサン・アリフ   駐日バングラデシュ大使館 商務参事官

 (2)埼玉県

 上田 清司 埼玉県知事

 福島 勤  県民生活部長 

参考情報

バングラデシュについて

1 概要

(1) 面積:14万4千平方キロメートル(日本の約4割)

(2) 人口:1億5,250万人(2013年3月、バングラデシュ統計局)

(3) 首都/言語/宗教: ダッカ/ベンガル語/

イスラム教徒89.7%、ヒンズー教徒9.2%、仏教徒0.7%、キリスト教徒0.3%(2001年国勢調査)

(4) 民族:ベンガル人が大部分を占める。ミャンマーとの国境沿いのチッタゴン丘陵地帯には、チャクマ族等を中心とした仏教徒系少数民族が居住。

(5) 在留邦人数:853人(2013年10月1日現在)

(6) 在日バングラデシュ人数:9,641人(2014年12月)                                    

(うち本県在住者:1,253人(全国第2位 法務省)) 

2 経済

(1) 国内総生産(GDP)

 1,156億ドル(2013年、バングラデシュ中央銀行)

(2) 一人当たりのGDP

 960ドル(2013年度、バングラデシュ統計局)

(3) 経済成長率

 6.18%(2013年度、バングラデシュ統計局)

(4) 対日貿易

 日本の輸出 約14億5,500万ドル

 日本の輸入 約6億100万ドル(2012年度 JETRO資料)

(5) 日本からの直接投資

  5,490万ドル(2012年度 JETRO資料) 

「埼玉・アジアプロジェクト」と埼玉アジアフォーラムについて

 埼玉県では、アジア諸国が抱える諸問題の解決への貢献を通じて成長著しいアジア諸国の活力を本県に取り込んでいくことを目的に、企業・大学・NGO・国際機関・行政等が連携し、アジア諸国とのモデル事業を展開する「埼玉・アジアプロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトの一環として、アジアを舞台に活躍する方々や各国駐日大使などをお招きし、アジアの実情を知り、アジアと本県の関係を考えるフォーラムやセミナーを随時開催しています。

県政ニュースのトップに戻る