Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年8月 > さいたま文学館 埼玉文学講座「埼玉と文豪」の開催と受講者募集

ここから本文です。

 

発表日:2017年8月1日14時

県政ニュース

さいたま文学館 埼玉文学講座「埼玉と文豪」の開催と受講者募集

部局名:教育局
課所名:生涯学習文化財課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:諏訪

直通電話番号:048-789-1515
Email:mail@saitama-bungakukan.org

 さいたま文学館では、開館20周年を記念して、過去に好評いただいた文学講座の講師を再びお招きして、『埼玉文学講座「埼玉と文豪」』を開催します。

 誰もが知っている文豪である、中島敦、宮沢賢治、森鷗外、田山花袋、三島由紀夫などを取り上げ、それぞれの文豪の人柄や作品、埼玉県との関わりについても学べる講座です。今まで知らなかった文豪たちの新たな魅力が発見できるかもしれません。

1 日時及び内容

 時間は全て14時00分~15時30分(受付13時30分~)

月日

テーマ・講師

第1回

9月7日(木曜日)

「中島敦―中国古典とのかかわり―」

村山 吉廣 氏(早稲田大学名誉教授)

第2回

9月14日(木曜日)

「宮沢賢治と埼玉・秩父」

杉浦静 氏(大妻女子大学教授)

第3回

9月28日(木曜日)

「森家の家庭―鷗外の『半日』と妻志(し)げの『波瀾』を

めぐって―」

山崎 一穎 氏(跡見学園理事長・森鷗外記念館(津和野)館長)

第4回

10月5日(木曜日)

埼玉と近代文学―田山花袋から三島由紀夫まで―

井上隆史 氏(白百合女子大学教授)

 ※ 原則、全4回とも参加していただける方を対象とします。

2 対象及び申込み等

(1)対象 埼玉県内に在住・在勤・在学の方

(2)定員 200名

(3)会場 さいたま文学館1階 文学ホール

(4)費用 無料

(5)申込み

 申込方法:往復はがき(講座名(埼玉文学講座)・住所・氏名・年齢・電話番号を記載)

 締切:平成29年8月28日(月曜日)【消印有効】

 申込先:〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

 さいたま文学館「埼玉文学講座」係

 ※ 申し込み多数の場合は抽選となります。

 

【さいたま文学館ホームページ】http://www.saitama-bungakukan.org/

県政ニュースのトップに戻る