Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県立がんセンター > 日本対がん協会 垣添忠生(かきぞえただお)会長が当センターに来訪されました。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年5月17日

日本対がん協会 垣添忠生(かきぞえただお)会長が当センターに来訪されました。

平成30年5月14日、公益財団法人 日本対がん協会会長の垣添忠生氏が、がんサバイバー支援を訴える全国縦断がんサバイバー支援ウォークの一環として

当センターに来訪されました。

当センターにおけるがんサバイバー支援活動についての情報交換や来院されたがんサバイバーの皆さまなど約80名の方と交流を行いました。

垣添会長からは「2人に1人ががんになる時代。言わばがんというのは誰でもかかる普通の病気です。『がんイコール死』というイメージは変えましょう。

がんになっても負けない社会、安心して暮らせる社会を作りましょう。」というお話がありました。

(※)がんサバイバー:一度でもがんを患ったことがある人(日本対がん協会)

survivorwalk1     survivorwalk2     survivorwalk3     survivorwalk4
全国縦断がんサバイバー支援ウォークとは

自らも大腸がんと腎がんのサバイバーである垣添氏(77歳)が、全国がんセンター協議会加盟の32施設を訪問し、より多くの皆さまに「がんサバイバー支援」を訴えるものです。

今年 2月5日に九州がんセンター(福岡市)を出発し、7月23日の北海道がんセンター(札幌市)へ向け、一部交通機関を利用しますが、体調と日程が許す限り歩いて回っていきます。

総移動距離は3,500キロ。各地域のがん施設長との情報交換だけでなく、訪問先周辺の患者会関係者と一緒に歩いたり交流を図るなどして、全国のサバイバーにエールを送ると

ともに、広く国民にサバイバー支援を呼びかけます。

参考

公益財団法人 日本対がん協会 (JapanCancerSociety)

設立: 1958年8月1日

設立趣旨:がんの早期発見や早期治療生活習慣の改善によって、「がん撲滅」を目指そうという趣旨で設立された。

主な活動:がん検診の推進、がん知識の普及・啓発、がん無料相談、がん教育、 ピンクリボンフェスティバル、リレー・フォー・ライフ等


お問い合わせ

病院局 がんセンター 総務・職員担当 若林・長南

電話:048-722-1111(内線2112)

ファックス:048-722-1129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?